2022年9月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

最近の記事

  1. 2023.02.03

    節分だ
  2. 2023.02.02

    郡上八幡
  3. 2023.02.01

    こつこつ
  4. 2023.01.31

    はい
  5. 2023.01.30

    10代の頃
  6. 2023.01.29

    雪が好き
  7. 2023.01.28

    寒い日々
  8. 2023.01.26

    いつ
  9. 2023.01.25

    アマゾンが

アーカイブ

© 稲葉尊治 All rights reserved.

20229/12

スーパー

もちろん、

友達な訳でわければ、

ご本人とお話しをしたことすらないので、

こうして報道を通じてのことしか知りません。

人間で、人間関係だから、

嫌いな人も、性に合わない人も、何かしらのネガティブな出来事があった人もいるのかもしれないけれど、

それでも、

何か、グッとくるものがあるし、

僕自身、これから何を考えて、どう生きようかと問いを持った時に、

こういう方々の存在はちらついてきます。

ここまでのスーパーなボランティアとか、

歩きまくるとか、

社会貢献を主にして生きることはまだ無理だけど、

皆さんが行っていることはきっと、

そんなカテゴリーには収まらない、

これまでの人生が凝縮された結果、

選択した生き方なのだろうと思う。

その表現の形が、こういうことになっているのだろうと思う。

もうじき、42歳になる。

もし人生が80年なのだとしたら、終わりの半分に向かうわけだ。

これまでの生き方が凝縮されたことで見出すこれからの表現に向かっていきたいと、

改めて考えさせられた記事です。

よければどうぞ!

https://news.yahoo.co.jp/articles/75a659cd1cfcc5c7f921410668aec2facdbc4993

関連記事

20232/3

節分だ

季節を分けるという意味での、節分。 冬と春を分ける時。 昔の時の、 誰かが閃いたのでしょうね。 この時を。 …

20232/2

郡上八幡

好きな街、 好きな街並みはたくさんあるのだけど、 宿場町より先に、 「街」に対して、 意識が湧くきっかけになったの…

20232/1

こつこつ

それができるようになっても、 克服しても、 上手になっても、 社会から何も評価されず、 発見されることもなく、 …

ページ上部へ戻る