2022年12月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

最近の記事

  1. 2023.02.03

    節分だ
  2. 2023.02.02

    郡上八幡
  3. 2023.02.01

    こつこつ
  4. 2023.01.31

    はい
  5. 2023.01.30

    10代の頃
  6. 2023.01.29

    雪が好き
  7. 2023.01.28

    寒い日々
  8. 2023.01.26

    いつ
  9. 2023.01.25

    アマゾンが

アーカイブ

© 稲葉尊治 All rights reserved.

202212/16

まだまだ

人や社会のために、何かを行う。

ということは、当たり前のことのようで、

何年も、何人からも、そう言われ続けて、

あちこちで聞き続けてきたけれど、

まぁ、もちろん、その通りなのだけれど、

でも、

それは、やっぱり、元気じゃなきゃ、できん。

できんのだ。

元気じゃないのに、それが当たり前になっていると、

それは、なかなか、大変な疲れになっちゃうわけだ。

しかし、

僕は、なかなかタフなわけだ。

ということは、

その当たり前なことを当たり前のように認識して、

当たり前にやれてこそ、

自分の充実度になるわけだ。

様々なことを知れば知るほど、

なるほどなるほどと、

受け入れいれるという意味での、

ポジティブな諦めがついていくわけだ。

要するに、ギリギリのところからもう一歩頑張るだけだということだ。

関連記事

20232/3

節分だ

季節を分けるという意味での、節分。 冬と春を分ける時。 昔の時の、 誰かが閃いたのでしょうね。 この時を。 …

20232/2

郡上八幡

好きな街、 好きな街並みはたくさんあるのだけど、 宿場町より先に、 「街」に対して、 意識が湧くきっかけになったの…

20232/1

こつこつ

それができるようになっても、 克服しても、 上手になっても、 社会から何も評価されず、 発見されることもなく、 …

ページ上部へ戻る