2022年8月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

最近の記事

  1. 2023.02.03

    節分だ
  2. 2023.02.02

    郡上八幡
  3. 2023.02.01

    こつこつ
  4. 2023.01.31

    はい
  5. 2023.01.30

    10代の頃
  6. 2023.01.29

    雪が好き
  7. 2023.01.28

    寒い日々
  8. 2023.01.26

    いつ
  9. 2023.01.25

    アマゾンが

アーカイブ

© 稲葉尊治 All rights reserved.

20228/22

優しさに救われる

あるクライアントさんから、

「スタッフへ」

「お客様へ」の思いをお伝えいただきました。

その思いを、

何かうまく言葉にまとめて書いてくれというオーダーと共に、

様々な思いをお伝えいただきました。

苦労をされている経営者さんほど、

不器用だけど正真正銘の思いを持っていて、

やり方や考え方に対して、

経験や勉強不足な点はあるのだろうけれど、

でも、

まったく利己的ではない、

当然、悪意や優位性を持っていない思いを持っているんだよなというのが、

僕のこれまでの経験からくる落としどころです。

そして、

そんな方の思いに、

何か、

聞いている僕自身が救われ、

まるで全身が浄化されるような気になります。

きっと、この感覚は、皆さんも何かしらの場面で感じたことがあるのだと思う。

本当に、

人は、人の優しい心に、救われているのだと思う。

優しさとはなんぞや?という問いに対して、

どこまでも深く答えを持ち、

それを体現できる自分でいなきゃいけないと思うわけだ。

自分を追求していくということは、

ミッションばっかりだ。

でも、

こういうのを追い求めて、そのプロセスから言葉を取り出すのが、

きっと、僕の生き方の中にあることなのだろうと思う。

楽しいね。

関連記事

20232/3

節分だ

季節を分けるという意味での、節分。 冬と春を分ける時。 昔の時の、 誰かが閃いたのでしょうね。 この時を。 …

20232/2

郡上八幡

好きな街、 好きな街並みはたくさんあるのだけど、 宿場町より先に、 「街」に対して、 意識が湧くきっかけになったの…

20232/1

こつこつ

それができるようになっても、 克服しても、 上手になっても、 社会から何も評価されず、 発見されることもなく、 …

ページ上部へ戻る