2022年12月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

最近の記事

  1. 2023.02.03

    節分だ
  2. 2023.02.02

    郡上八幡
  3. 2023.02.01

    こつこつ
  4. 2023.01.31

    はい
  5. 2023.01.30

    10代の頃
  6. 2023.01.29

    雪が好き
  7. 2023.01.28

    寒い日々
  8. 2023.01.26

    いつ
  9. 2023.01.25

    アマゾンが

アーカイブ

© 稲葉尊治 All rights reserved.

202212/18

いつもの

何年もお付き合いいただいているクライアントさんのオフィスがある街で、

同じ宿に宿泊し続けています。

いつも同じリズムで過ごしています。

そのリズムが崩れるのが嫌だなぁと思ってしまうくらい、

いつものリズムになっています。

そうすると、

季節の移り変わりに気付くようにもなります。

今年も、

近くに恒例のツリーが建てられました。

こうしたことに対して、

「無駄なお金の使い方だ」という声が上がらない、

のんびりと平和な我が国であり続けてほしいなぁと、

しみじみ思いながら、

でも、税金上がるのは嫌だなぁと思ってしまう、

矛盾を抱えまくる12月です。

関連記事

20232/3

節分だ

季節を分けるという意味での、節分。 冬と春を分ける時。 昔の時の、 誰かが閃いたのでしょうね。 この時を。 …

20232/2

郡上八幡

好きな街、 好きな街並みはたくさんあるのだけど、 宿場町より先に、 「街」に対して、 意識が湧くきっかけになったの…

20232/1

こつこつ

それができるようになっても、 克服しても、 上手になっても、 社会から何も評価されず、 発見されることもなく、 …

ページ上部へ戻る