2022年12月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

最近の記事

  1. 2023.02.03

    節分だ
  2. 2023.02.02

    郡上八幡
  3. 2023.02.01

    こつこつ
  4. 2023.01.31

    はい
  5. 2023.01.30

    10代の頃
  6. 2023.01.29

    雪が好き
  7. 2023.01.28

    寒い日々
  8. 2023.01.26

    いつ
  9. 2023.01.25

    アマゾンが

アーカイブ

© 稲葉尊治 All rights reserved.

202212/27

贈り物

クライアントさんと、

ギフトについてのお話しをしました。

円安など様々な経済状況の変化があるなか、

ギフトに真剣に力を入れていくにあたり、

そもそも、

ギフトとはなんぞやと。

そうした、

対象に対する哲学を深めるプロセスを必ず行うと言う、

僕たちのパターンにどっぷりと浸かっている僕たちは、

自ずと、

そのプロセスを通るのですが、

やっぱり、

ギフトには、意味が必要だよねと。

ただ、「何か物が欲しい」という意識の人も、

確かにいるっちゃあいるんだけど、

そういう人たちは対象から外すとして、

意味を持って贈り物を選び渡せる方、

意味を捉えて贈り物を受け取れる方、

そうした、

思いのやりとりがあってこそ、

ギフトだよねと。

と、

結局最後はありきたりな当たり前の落とし所になってしまうのだけど、

哲学を深めるプロセスで出てくる言葉の中に、

今後のやり方や表現の道筋が出てくるものです。

そんなことばかり考えてお話しして、

今年も残り5日です。

関連記事

20232/3

節分だ

季節を分けるという意味での、節分。 冬と春を分ける時。 昔の時の、 誰かが閃いたのでしょうね。 この時を。 …

20232/2

郡上八幡

好きな街、 好きな街並みはたくさんあるのだけど、 宿場町より先に、 「街」に対して、 意識が湧くきっかけになったの…

20232/1

こつこつ

それができるようになっても、 克服しても、 上手になっても、 社会から何も評価されず、 発見されることもなく、 …

ページ上部へ戻る