2022年8月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

最近の記事

  1. 2023.02.03

    節分だ
  2. 2023.02.02

    郡上八幡
  3. 2023.02.01

    こつこつ
  4. 2023.01.31

    はい
  5. 2023.01.30

    10代の頃
  6. 2023.01.29

    雪が好き
  7. 2023.01.28

    寒い日々
  8. 2023.01.26

    いつ
  9. 2023.01.25

    アマゾンが

アーカイブ

© 稲葉尊治 All rights reserved.

20228/14

長岡花火

我が国には有名な花火大会がいくつもありますね。

その中で、長岡花火のことは、

クライアントさんのこともあって、

毎年毎年「本当にすごいんだから」と聞いて聞いて聞きまくってきました。

まだ、見たことはありません。

そして、今年は見事に復活したようですね!

よかったよかった!

「これは、新たな始まりの意味としてこじつけるチャンスだ!」

とか、盛り上がりましたが、

花火は一瞬だけだから、

一瞬で始まりが終わっちゃうのは嫌だな〜だとか、

そんな野心的な意味合いじゃなくて、

もっと情緒あふれる意味合いにしようよとか、

意味なんて自分たちで自由に思い込んで良いんだからさ〜、

もっとこのおかしな社会が解決に向かうような意味合いとかにならないわけ〜?とか、

なんだか、

頭の良い言葉が聞こえて来てなんだか楽しかったなぁ〜。

日頃の会話、

何話してますか?

いけてますか?

関連記事

20232/3

節分だ

季節を分けるという意味での、節分。 冬と春を分ける時。 昔の時の、 誰かが閃いたのでしょうね。 この時を。 …

20232/2

郡上八幡

好きな街、 好きな街並みはたくさんあるのだけど、 宿場町より先に、 「街」に対して、 意識が湧くきっかけになったの…

20232/1

こつこつ

それができるようになっても、 克服しても、 上手になっても、 社会から何も評価されず、 発見されることもなく、 …

ページ上部へ戻る