2022年8月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

最近の記事

  1. 2023.02.03

    節分だ
  2. 2023.02.02

    郡上八幡
  3. 2023.02.01

    こつこつ
  4. 2023.01.31

    はい
  5. 2023.01.30

    10代の頃
  6. 2023.01.29

    雪が好き
  7. 2023.01.28

    寒い日々
  8. 2023.01.26

    いつ
  9. 2023.01.25

    アマゾンが

アーカイブ

© 稲葉尊治 All rights reserved.

20228/31

8月も終わります

今年の8月は、どんなもんでしたでしょうか?

社会的には、なんだろうか。

いろいろあったか。

報道は、

我々に新たな問いをくれますが、

それ以上に、

目の前で体験する出来事と、

それを通じて翻弄される自分の意識から、

新たな問いが重なっていくなぁと思います。

僕自身も、

今年の8月は、

なんだかあちこちの翻弄が凝縮された1ヶ月でした。

ということは、

問いもたくさん重なったということですね。

全ての自問自答を言葉にすることはできないけれど、

落とし所は、

「お花」でした。

大変な状況の我が社のクライアントに、

昔からの仲間が、お花を届けてくれたいた。

ちゃんと説明すると煩わしいと思う人もいると思うので、

言葉にするとこの数行になってしまうのだけど、

要するに、

心の表現を目の当たりにしたということで、

その表現に、

この8月の葛藤、

なんなら、

ここ数年の葛藤に対する報いを得たような嬉しさがあったわけだ。

さらに、その表現にお花を選択してくれたことに、

グッとくるわけだ。

いけてるぜ〜〜〜〜〜〜〜〜。

嬉しいぜ〜〜〜〜〜〜〜〜〜。

良い8月だったんだと思って、

また次の9月だ!

いけてる人と共に生きていこう。

関連記事

20232/3

節分だ

季節を分けるという意味での、節分。 冬と春を分ける時。 昔の時の、 誰かが閃いたのでしょうね。 この時を。 …

20232/2

郡上八幡

好きな街、 好きな街並みはたくさんあるのだけど、 宿場町より先に、 「街」に対して、 意識が湧くきっかけになったの…

20232/1

こつこつ

それができるようになっても、 克服しても、 上手になっても、 社会から何も評価されず、 発見されることもなく、 …

ページ上部へ戻る