2022年9月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

最近の記事

  1. 2023.02.03

    節分だ
  2. 2023.02.02

    郡上八幡
  3. 2023.02.01

    こつこつ
  4. 2023.01.31

    はい
  5. 2023.01.30

    10代の頃
  6. 2023.01.29

    雪が好き
  7. 2023.01.28

    寒い日々
  8. 2023.01.26

    いつ
  9. 2023.01.25

    アマゾンが

アーカイブ

© 稲葉尊治 All rights reserved.

20229/1

9月

筆で書けたらよかったのだけど、

大好きな文房具のmidoriの万年筆です。

自分の意思や世界観とは関係のないことと向き合わなければならないのが、

僕たちの日頃の仕事なわけだけど、

人々の発言や選択行動に対して、

なぜそんなにしょぼいんだ!と思い、

なぜそんなにいけてるんだ!と思い、

日々の中で、

その振れ幅が大きければ大きいほど、

嫌なことの嫌さを理解できて、

好きなことの好きさを理解できた8月でした。

バレバレの嘘やハッタリを目の当たりにして、

なんかもうマジで心が離れる・・・と思う中、

結局、

これからに対する勇気の源泉となったのは、

「本気」の人の行動だったわけだ。

その姿と言葉を見て、

ただ単純に、「あ、おれ、がんばろう」と思ったわけではなく、

「違う違う、おれ、こうしないと!」と、

これからへの覚悟となるような力なわけだ。

本気って、すごいぜ。

本物の本気って、すごいぜ。

そんな、

次へと進むための馬力を発動させるような本気を出して、

役にたたなきゃいかんと思って、

2022の9月です。

関連記事

20232/3

節分だ

季節を分けるという意味での、節分。 冬と春を分ける時。 昔の時の、 誰かが閃いたのでしょうね。 この時を。 …

20232/2

郡上八幡

好きな街、 好きな街並みはたくさんあるのだけど、 宿場町より先に、 「街」に対して、 意識が湧くきっかけになったの…

20232/1

こつこつ

それができるようになっても、 克服しても、 上手になっても、 社会から何も評価されず、 発見されることもなく、 …

ページ上部へ戻る