2022年9月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

最近の記事

  1. 2023.02.03

    節分だ
  2. 2023.02.02

    郡上八幡
  3. 2023.02.01

    こつこつ
  4. 2023.01.31

    はい
  5. 2023.01.30

    10代の頃
  6. 2023.01.29

    雪が好き
  7. 2023.01.28

    寒い日々
  8. 2023.01.26

    いつ
  9. 2023.01.25

    アマゾンが

アーカイブ

© 稲葉尊治 All rights reserved.

20229/14

ちから

ドクターでもなんでもない僕がお話しするだなんておこがましいことは重々承知しています。

あくまでも僕は、

「言葉」の観点から、人間を捉え、理解し、様々な形でお伝えさせていただいています。

その中で、

「アスリートと力」をテーマにして、

資料をつくり、

お話しをさせていただきます。

他の講座やお話しする機会、場面もそうなのですが、

やはり、

相手のことをどこまでも本気で考えて、

どうしようどうしようと問いを持って、

内容を考えるのは、

すごく面白い。

これはきっと、

僕にとって、これまでとは違う感じなんだろうと思います。

いままで、様々な場面で、どれだけのページ数の資料をつくってきたのかは分からないけれど、

要するにだ、

本気で、相手のことを考えて、相手の問題や疑問を解決するためにと思って、

相手の未来をいくつもいくつも見まくって、

何かを表現するために内容を考えるということは、

そのまま、

自分自身の未熟さを知り、

「じゃあ、どうする?」と、

新たな自分の方針や内容と向き合うことになるということだ。

そして、

それがなければ、

きっと、相手に伝わる、届く、納得する内容にならないということだ。

だからなんだと思う。

スーパー楽しいぜ。

これからも、各ジャンル、やっちゃうぜ。

関連記事

20232/3

節分だ

季節を分けるという意味での、節分。 冬と春を分ける時。 昔の時の、 誰かが閃いたのでしょうね。 この時を。 …

20232/2

郡上八幡

好きな街、 好きな街並みはたくさんあるのだけど、 宿場町より先に、 「街」に対して、 意識が湧くきっかけになったの…

20232/1

こつこつ

それができるようになっても、 克服しても、 上手になっても、 社会から何も評価されず、 発見されることもなく、 …

ページ上部へ戻る