2022年9月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

最近の記事

  1. 2023.02.03

    節分だ
  2. 2023.02.02

    郡上八幡
  3. 2023.02.01

    こつこつ
  4. 2023.01.31

    はい
  5. 2023.01.30

    10代の頃
  6. 2023.01.29

    雪が好き
  7. 2023.01.28

    寒い日々
  8. 2023.01.26

    いつ
  9. 2023.01.25

    アマゾンが

アーカイブ

© 稲葉尊治 All rights reserved.

20229/20

意味もなにも

高校生の頃だな〜。

歌詞の意味も、

曲のジャンルも、

それこそ誰なのかも、

何もかもわからなかったけれど、

「え〜。なんか、良い〜。」と、思いました。

スーパー懐かしいぜ〜〜。

何もかもわからないけれど、

なんか良い。

確かに心に沸いてる「なんか、良い」は、

きっと、

その時その時の自分にとって、

何かを深めて、インパクトとなって、

そのあとの自分の文化性のひとつになっていくものだと、

大人になって思います。

年齢と共に「なんか良い」が、減ってくるのだけど、

それでも、年に何度かある

「なんか良い」を、日々の辛い大変なことの支えにしていくべか!

関連記事

20232/3

節分だ

季節を分けるという意味での、節分。 冬と春を分ける時。 昔の時の、 誰かが閃いたのでしょうね。 この時を。 …

20232/2

郡上八幡

好きな街、 好きな街並みはたくさんあるのだけど、 宿場町より先に、 「街」に対して、 意識が湧くきっかけになったの…

20232/1

こつこつ

それができるようになっても、 克服しても、 上手になっても、 社会から何も評価されず、 発見されることもなく、 …

ページ上部へ戻る