2022年11月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

最近の記事

  1. 2023.02.03

    節分だ
  2. 2023.02.02

    郡上八幡
  3. 2023.02.01

    こつこつ
  4. 2023.01.31

    はい
  5. 2023.01.30

    10代の頃
  6. 2023.01.29

    雪が好き
  7. 2023.01.28

    寒い日々
  8. 2023.01.26

    いつ
  9. 2023.01.25

    アマゾンが

アーカイブ

© 稲葉尊治 All rights reserved.

202211/28

心に触れる

仕事だから当たり前だ・・・という理解、

認識以上に、

他者、他社のことをどこまでも考える、

考え抜くということが、

この長年の人生の中でガッチリと組み込まれているなぁと、

何かがあるたびに自覚します。

いわゆる、

ほんとの意味での当たり前だ。

裏切られるとか、

伝わらないとか、

理不尽を受けるとか、

自覚のない矛盾をぶつけられるとか、

そういうのはきっと一通り味わい尽くしたからこその、

ほんとの意味での当たり前になっているのだろうと思う。

だからこそ、

だからこそなのか、

子供たちを通じて、

本当に純粋な心を感じさせてもらえるし、

自分を取り戻すのではなく、

新たな自分の指針を見出すための源泉にもなっているのだと思う。

そして、それは、大人に対してもそうだ。

純粋な心に触れさせていただくことで、

自分の至らなさを認識するし、

反面、

認識の違いなだけで小さなズレが生じるのだということも、

よくよく実感したこの1年。

大変だったけど、とても勉強になった1年だ。

で、

落とし所は、

やっぱ、愛だということだ。

信頼のある中で生きれるということは、本当に楽で、幸せだということだ。

人も、神様も、ほんとすごいぜ。

まだまだ頑張るぜ。

関連記事

20232/3

節分だ

季節を分けるという意味での、節分。 冬と春を分ける時。 昔の時の、 誰かが閃いたのでしょうね。 この時を。 …

20232/2

郡上八幡

好きな街、 好きな街並みはたくさんあるのだけど、 宿場町より先に、 「街」に対して、 意識が湧くきっかけになったの…

20232/1

こつこつ

それができるようになっても、 克服しても、 上手になっても、 社会から何も評価されず、 発見されることもなく、 …

ページ上部へ戻る